オリゴ糖の摂取方法

オリゴ糖は腸内環境を整えるのを助けてくれるため、健康を大切にする人たちの間で人気があります。腸内環境が整えられることで免疫力がアップし、風邪をひきにくくなるだけでなくアレルギー体質も改善されるため、腸内環境を整えることは健康な体作りの基本ともいえます。

さて、オリゴ糖の理想的な接種方法とはいったいどうなのでしょう。市販のオリゴ糖は簡単に摂取できますが、どのように摂取すれば、より効果がはっきされるのでしょうか。お話します。

まず、オリゴ糖の1日の摂取目安量は、成人で5g~8gといわれています。小さじ1杯強といったところです。オリゴ糖は薬ではなく、大きな副作用もないのでいつ摂取しても大丈夫です。ただし、やはり理想的な接種方法というのがあります。

オリゴ糖は、一度に大量に摂取するのではなく、少しずつ摂取した方が効果が高くなります。オリゴ糖は腸内のビフィズス菌といった善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やしてくれるため、腸内にまんべんなく存在している状態が理想的なのです。

また、オリゴ糖は単独で効果を発揮することはできません。あくまでも、ビフィズス菌が存在しているからこそ意味があるもの。オリゴ糖を摂取するときには、ビフィズス菌が含まれたヨーグルトなどを一緒に摂取することにより、より高い効果が期待できるでしょう。