オリゴ糖で便秘解消

オリゴ糖の効果と言えば、腸内のビフィズス菌を増やして腸内環境を整えることです。腸内環境が整うと、体にいろいろなメリットがあります。免疫力の向上、自律神経の安定、美肌効果、アレルギーを抑える効果など、挙げればきりがありません。さらに、腸内環境が整っていれば便通が良くなるので、ダイエットもしやすくなるでしょう。生活習慣病の予防にもつながります。

腸内環境が良いことは健康の基本ともいえそうです。これほど大切な腸内環境ですが、オリゴ糖はどのようにして腸内環境を整えるのでしょうか。そのことをお話しするにあたって、腸内に存在する菌についてご説明しましょう。

腸内には、100種類~3000種類もの細菌が存在していると言われています。その細菌数は100兆個から1000兆個ともいわれ、その総重量は1kgにもなると言われています。これらの腸内細菌は大きく分けて3種類に分類することができます。体に良い影響を与える善玉菌、悪い影響を与える悪玉菌、そして環境次第でどちらにも変われる日和見菌です。

善玉菌は腸内を弱酸性に整え、便通を良くし、便のニオイを抑えるのに対し、悪玉菌は有毒物質を発生させ、腸内のものを腐敗させてしまいます。そして便やガスが臭うようになり、便秘や下痢といった不調を引き起こしてしまいます。

健康な人の腸内細菌の割合は、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、残りの7割は日和見菌です。善玉菌が悪玉菌に優勢になると、日和見菌も善玉菌の役割をするようになるので、腸内環境はみるみるよくなっていきます。その善玉菌のエサとなるのがオリゴ糖なのです。そのようなわけで、オリゴ糖を毎日摂取すれば腸内環境を整えることができ、便秘解消につながるのです。